四つ葉のクローバーの探し方

NPO木曽ひのきの里の黒田さんに、四つ葉のクローバーの探し方を教えてもらいました。

まず、ぼーっと見ること。そうしていると、三つ葉のクローバーの大まかな三角の輪郭とは、すこし違う輪郭で、色が微妙に違うものが目に飛び込んでくる。それが四つ葉!

 

最近、五感の使い方を改めてとらえなおしています。

やっぱり目の使い方は、確実にアタマの使い方にリンクしているな。

フォーカスと視野。部分と全体。

 

それにしても。黒田さんと一緒のときには四つ葉のクローバーがすぐに目に飛び込んできたのに、ひとりで探していると、なかなか難しい。

熟達したひとのそばにいることでこちらに伝わるもの・共有されるものは、言葉や言葉の内容ではなく、むしろ言語化されないもののほうが大きい気がする。

 

写真に、四つ葉のクローバーが写っていますよ。わかるかな?